損害賠償金が未払いの場合にはとりあえず当面の費用として被害者請求をすることで仮渡し金を受け取ることが出来ます。本来事故が起きたら加害者が自賠責保険に請求し被害者に支払うのですが、あるいはその手続きを任意保険の保険会社が行うのですが、加害者がその手続きを行ってくれない場合、あるいは中々示談が出来ない場合に、自賠責保険は被害者請求を行うことで仮渡し金を受け取ることができます。つまり基本的に賠償金が未払いのときに被害者救済のために、被害者請求でのみ仮渡し金を請求できます。通常は任意保険に加害者が入っている場合が多く、示談が決まる前、過失割合が決まる前にすでに、任意保険が内渡し金の支払いに応じて賠償金の一部をすぐに支払ってくれる物ですが、そういう対応の出来る任意保険に加害者が入っておらず、加害者が自分自身でもそういう立替払いをすることができない場合に、被害者請求で行います。一般に仮渡し金を受け取らないで、支払いを後にすればするほど、保険が年利計算で余分に賠償金をくれますので、金銭に余裕があればそのほうが得ではあります。急がない場合は無理に請求する必要もないかもしれませんし、逆に当面に費用がなくて借入れするようなことなら、是非利用したほうがいいでしょう。