死亡した場合

| 未分類 |

 

 

自賠責保険は示談が終了して、賠償金が確定してから支払われます。しかしそれでは支払いがなされるまでに時間がかかり当面の費用の為にお金が足りない場合があります、そこで仮渡金と言う制度があります。死亡事故の場合290万円と決められています。また怪我の場合5万円20万円40万円を怪我の程度に応じて金額が決まります。仮渡しができるのは被害者からの請求に限られます。賠償がスムーズに進めば借払いを利用するまでもないかもしれませんが、示談交渉が思うように進まない場合など、葬儀の費用などに使う為に仮払いを求めることが一般的です。通常自賠責保険の賠償金は加害者が被害者に賠償金を支払い、その金額が確定してから、自賠責保険に加害者請求して受け取りますが、加害者が任意保険に加入している場合は、任意保険が自賠責保険の賠償金も立て替えて払い、自賠責保険には任意保険から一括請求されます。この場合は任意保険から被害者へ仮払いがなされるので、金額も290万円と言う風に決まった物となりません。しかし自賠責保険しか保険がなく、加害者もすぐに損害賠償できない場合には被害者請求することで、スムーズに受け取ることが出来る制度です。