自賠責保険の特徴的な制度に被害者請求があります。普通は加害者が自分の車にかけている自賠責保険に保険金を請求する加害者請求か加害者の任意保険にが一旦立て替えて支払いその後に自賠責保険に請求する一括請求をするのですが、加害者との話し合いや示談が中々すすまない場合には被害者が加害者の自賠責保険に直接請求することができます。それでも支払いまではある程度時間が掛かりますので、すぐに必要な費用をまかなうために賠償金の一部をすぐに支払って貰う制度が仮渡し金です。仮渡し金は被害者請求しかできないとなっています。この仮渡し金の金額はケガの大きさや、死亡事故である場合のとかで金額が決まっているのですが、そうやって仮渡ししてもらった金額はその後正式に賠償額が決まった後の支払いから控除されることになっています。つまり仮渡し金として受け取った金額を控除して、その分だけ少ない金額を賠償金として改めて受け取ることになるわけです。またもし仮渡し金として受け取った金額よりも賠償金が少なく決まった場合にはその差額を返還しなければなりません。死亡事故の場合で290万円ですからこれより賠償額が少ないことはあまりないと思いますが、ケガの場合は過失割合によっては仮渡し金を下回ることもあると考えられます。