事故の損害賠償がすぐに支払われない場合に、その一部を賠償金の詳細が決まる前でも、自賠責保険を被害者請求することで受け取ることが出来ます。葬儀費用や治療費など当面の費用に当てることが出来ます。任意保険が立て替えてしはらい、自賠責保険に一括請求する場合などは特に被害者請求する必要はありません。仮渡金の金額は決まっています。死亡事故の場合には一人に月290万円。傷害でケガの内容に応じて11日以上の治療を受けた場合5万円、 脊柱の骨折、上腕又は前腕の骨折、 内臓破裂、入院して30日以上の医師の治療を受けた場合、14日以上の入院を必要とする場合で20万円、 脊柱の骨折で脊髄を損傷した場合、上腕又は前腕骨折で合併症のある場合、 大腿又は下腿の骨折、内臓破裂で腹膜炎を起こした場合、14日以上入院を要する傷害で30日以上の医師の治療が必要な場合、40万円となっています。金額ははっきり決まっていて、曖昧さはありません。自賠責保険に被害者請求することで受け取れる金額ですが、任意保険がある場合、任意保険から立て替えて支払われるので、この請求をしなくても示談が出来る前でも賠償金の一部を受け取れるので、その場合はこの制度を利用しなくても良くなっています。