自賠責保険の場合には加害者や加害者の任意保険が立て替えて支払いをしてくれない場合には被害者が被害者請求することで仮渡し金を受け取ることができます。仮渡し金は賠償額のうちの一部を賠償金が確定する前にあらかじめ受け取って当面の費用とすることの出来る制度です。死亡時の場合には290万円と決まっていますが、ケガの場合には程度や期間で金額が変わってきます。金額は5万円、20万円、40万円のうちのどれかですが、40万円になるのは日数30日以上かつ、入院14日以上の場合と、下半身、太ももあるいは、ひざ下、の骨折の場合です。また20万円になるのは、日数30日以上または、入院14日以上の場合と、腕、上腕または、前腕、の骨折の場合です。5万円になるのは、先ほどの場合以外の場合で以外の治療日数11日以上の場合です。仮渡し金の請求は一度だけですので、治療が長引いたとしても二度請求は出来ません。病院で診療報酬明細書を受け取って請求することになります。金額は保険会社が判断することになり、被害者からいくら欲しいと言うふうには請求できません。また正式に賠償金が決まったら清算する事になります。その時に仮渡し金より賠償金が少ない場合には返金しなければならなくなります。