仮渡し金は自賠責保険の賠償額が決まって実際に支払われるまでの間の当面の費用とするために、被害者が保険会社に被害者請求で支払いを求めることが出来ると決められている物ですが、仮渡し金を請求し、支払われる段階ではまだ過失割合などはまったく決まっていないはずです。また過失割合などに関係なく金額が決まり支払われるので、損害賠償責任そのものの有無すらわからないままに支払われています。ですから場合によってはまったく被保険者に責任がないということも考えられます。その場合は当然ですが全額返還しなければなりません。また過失割合から仮渡し金として受け取った金額を下回る金額しか賠償金がない場合もありえます。その場合はその差額を返還しなければなりません。自賠責保険は被害者救済をするという性格が強く非常に被害者よりに、実際に被害があった人に有利になるように運用されていますので、まったく支払いがないということはなかなかないのですが、運行中でないと判断される場合などは当然支払われません。また追突事故の追突した側の死傷などは基本的に追突された側には責任がないので責任がないと判断され賠償金が出ないことがあります。このような場合は返還することになります。